法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は契約して即日利用できる?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/03/23

現在ではインターネットがなければ仕事が成り立たないと言っても決して過言ではありませんが、法人向けインターネット回線を利用したい場合、まずは申し込みをする必要があります。

では、この場合、申し込みをしてから利用することができるようになるまでに、一体どれくらいの期間がかかってしまうのが一般的なのでしょうか。

法人インターネット回線の申し込みの流れ

インターネットはなくてはならないものですが、実際に利用するためには事前に申し込みをして、さらに利用するために工事をしてもらわなければなりません。申し込みは回線事業者、もしくはプロバイダのほうに連絡をすればおこなうことができるようになっています。

ただどこでも開設することができるかと言ったらそうではない場合もあるので、まずは開通できるかどうかを判断し、可能と判断された場合に工事へと進みます。工事は担当者がおこないますが、それほど大々的なものとなっているわけではないので、作業時間自体は大体1時間程度を見ておけば大丈夫です。

ではこの場合にどれくらいの期間がかかるのかというと、混雑具合によっても変わってきますが、大体1週間から10日くらいはかかるのが一般的です。ただ中には1ヶ月とか3ヶ月という時間がかかってしまうこともあるので、どの場合でも1週間程度で利用することができるというわけではありません。

日数に差が出てしまうのはなぜなのか

法人インターネットに関しては大体申し込みをしてから1週間程度で利用することができるようになりますが、ときには3ヶ月ほど必要となることもないわけではありません。工事の内容は業者によって大きく違っているわけではないので、工事内容が原因で必要日数が全く違う状態になってしまうということではありません。

工事自体は事前に予約をして、そして専門の業者がその作業を担当してインターネットを利用することができるようにしてもらうことができます。しかし、時期や業者の人気度合い、さらに地域などによっては工事の予約件数がかなり多くなってしまうということも十分あり得ます。

工事自体は先着順におこなわれるのが一般的となっており、予約が混んでいる状態になるとなかなか工事に取り掛かってもらえなくなります。したがって、実際に法人インターネットを利用するときはできるだけ時間に余裕を持って、即日利用できなかったとしても問題はない、ある程度の日数がかかっても大丈夫という状態にしておくほうが安心です。

また、現在工事の申し込みは代理店を通しておこなうこともできますが、どの方法で申し込んだとしても、実際に何日程度工事までかかるのかは確認できるようになっています。したがって、時間に余裕がないとか、できるだけ早く工事してもらいたい場合は正式に申し込んでしまう前にあらかじめ何日かかるかを確認しておくようにします。

法人インターネットが即日利用できる場合もある

一般的には1週間程度はネット回線を利用するために時間が必要と言われることも少なくありませんが、実は即日で利用できる場合もあります。ただ即日利用に関してはどのタイプでも可能となっているわけではないので、その点には十分注意するようにしましょう。

現在即日利用が可能となっているのは、スマートフォンとかタブレットとかでも利用している無線のタイプになります。この場合は有線で利用するわけではないので、工事を必要とはせず、インターネット業者から無線用の機器を受け取れば利用は可能です。この方法であれば、できるだけ早く利用できるようにしてもらいたいというときにも、非常に使い勝手が良い方法だといえます。

ただ、無線の場合でも100%即日利用ができるかと言ったらそうではなく、利用する回線によってはもしかしたら数日が必要となる場合もないわけではありません。もちろんそれでも有線の工事をするよりも短期間で利用できるようにはなりますが、即日利用はできないということになってしまうので注意しましょう。

ただこれに関しては全ての業者がこのようになっているというわけではないので、実際に無線用の機器を申し込むときに、どれくらいの日数がかかるのかを確認することをおすすめします。

 

一般的に法人向けインターネット回線を利用する場合は、申し込みをした後に工事をしてもらうため、1週間程度は必要です。また希望者が多数の場合は予約待ちとなってしまい、1ヶ月とか3ヶ月くらい開設までにかかってしまうこともないわけではありません。

しかしどの場合でも日数がかかるわけではなく、利用する方法によっては即日で法人向けインターネットを利用することもできます。その方法が無線を利用するもので、これであれば無線用機器を受け取ればその日のうちにインターネットを利用することが可能です。この方法なら工事をする必要はないので、申し込みをしたその日のうちに利用することも夢ではありません。

ただこの方法でも100%即日利用が可能というわけではないので、契約する前に日数がどれくらいかかるかを確認するようにします。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧