法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線を契約するなら有線と無線(wifi)どちら?

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/03/10

法人向けインターネット回線をこれから契約しようと考えているならば、有線にすればよいか無線(wifi)にすればよいか悩むところでしょう。どちらもそれぞれ利点と短所がありますから、状況に応じて選び分けていかないといけません。法人向けインターネット回線業者によってはかなりお得に有線もしくはwifiができることもあります。

法人向けインターネット回線を利用する

有線とwifiは違いが大きいものです。法人向けインターネット回線の有線は速度も早くて通常の接続業者とは比べ物にならないくらい安定もしています。そのため、かなりインターネット使用量が多いような業種でも簡単に取り入れていけます。

一方で法人向けインターネット回線のwifiはかなり使い勝手もよくなっています。オフィスだけでなく会社全体でwifiが使えるようになるといったこともありますし、データ共有等にも最適です。他の多様なオフィス支援ソフトウェアと組み合わせることによってさらに効率も増してきます。

そんな法人向けインターネット回線を利用する際に有線にするかwifiにするかで迷ったら、まずはセキュリティを比較してみてください。やはりセキュリティという点では法人向けインターネット回線の有線のほうが遥かに優れていることは確かです。法人向けインターネット回線の有線はいろいろとセキュリティ対策もされていて、クラッキング等も簡単に防げるようになっています。だからこそセキュリティ重視ならば有線がよいかもしれません。

一方、無線ともなると思わぬ侵入を許しやすいものです。パスワードが漏れたりするとそれだけでセキュリティが侵されてしまいます。また、適切にパスワード管理していてもジャマー等を用いて無線通信環境を壊されるといったようなこともありますから、セキュリティ的にはおすすめできません。

他のポイントもしっかりと比較する

法人向けインターネット回線を利用する際には他のポイントも比較しておきたいところ。たとえば、無線であればいろいろな端末が使いやすくもなってきます。スマートフォンやタブレット等も簡単にネットにつなげるようになってきますし、こうしたスマートフォンやタブレットを貸し出してくれるといった法人向けインターネット回線業者もあるくらいです。だからこそこれから利用する際には法人向けインターネット回線業者のレンタル制度についても見ておくとよいでしょう。

もちろん、有線であっても無線化することは可能です。無線ハブ等を設ければ有線であっても簡単に無線化できますが、それだけ手間が掛かったりコストが掛かることも。もしも、無線化をメインに考えているならば最初から無線対応の法人向けインターネット回線を選んでおいたほうが得策です。

さらに知っておいてほしいのが、法人向けインターネット回線は無線でもかなり高速回線になるということです。無線にすると速度を気にする人もいますが、法人向けインターネット回線であれば簡単に1GB程度はwifiでも出ますから安心してください。そのため、速度低下するからといってwifiを諦めないといけないといったことはありません。このように比較ポイントも多いものですが、これからどちらにするかはオフィスの声を聞いて考えてみるとよいでしょう。

法人向けインターネット回線のコスト

法人向けインターネット回線のwifiはよりコストがかかりやすいです。プランをみてもやはり法人向けインターネット回線は無線対応の場合にはよりコストがかかりやすくなっています。これは仕方ないことですが、コストで困ったら有線にしてみるのもありでしょう。法人向けインターネット回線によっては有線しか提供していないところもあります。とはいえ、ますます多くの業者がwifiを提供していますから安心して利用していけるようになっています。

どちらにするか迷ったらトライアルを利用して試すのもおすすめですし、使い心地もわかってきます。もちろん、トライアルですから無料で利用していけるので実に気楽です。

法人向けインターネット回線の有線が向いているのは、やはり情報収集等にしか通信回線をあまり使わないようなオフィスでしょう。逆にいろいろと端末等も使ってオフィス外でもしっかり情報収集したいといった場合にはワイファイにしたほうがよいこともあります。いずれにしてもそれぞれで価格だけでなく使い勝手などの点でかなり違いがありますから、これから選ぶ際にはじっくりと選んでいってください。

とはいっても両方を利用できるような法人向け通信回線もありますから、悩んだ際にはこうしたところを利用してみるのもありでしょう。これによって両者の利点がたくさん得られますから、悩んだら最良の選択肢です。

 

ネット回線の中には有線と無線(wifi)がありますが、どちらにするかは状況によります。価格も変わってきますし、使い勝手も変わります。とはいえ、いろいろと対応しやすい無線(wifi)のほうが長期的には何かとお得なことが多いでしょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧