法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の契約でキャッシュバックが受けられる?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/06/05

個人向けのインターネット回線を利用する場合、キャンペーンを使ったり条件を満たしている場合はキャッシュバックが適用される場合がありました。結構まとまった金額が入ってくることもあるので、費用の節約につながるとして人気を集めているサービスとも言えます。では、個人ではなく法人向けインターネット回線を契約するときも、個人のときと同じようにキャッシュバックを受けることができるようになっているのでしょうか。

そもそも法人向けってなんだろうか

インターネットはなくてはならない存在となっていますが、その契約をする場合に個人でおこなうこともできますが、法人でおこなうこともできます。パッと見るだけだと契約者が個人なのか法人なのかということだけが違っているように見えてしまうかもしれませんが、実はそうではありません。

そもそも個人向けと比べると法人向けのほうがサービス内容が充実しており、利用するメリットは十分にあると言えます。例えば固定IPを利用することができるとか、通信制限を気にすることなくインターネットを利用できるということです。だから、利用する規模によっても違ってきますが、法人向けインターネット回線のほうを利用したほうが良いと言われることは少なくありません。

利用者にお得なキャッシュバックキャンペーン

家電量販店に行くと、インターネット回線を個人で契約する場合にキャッシュバックを受けることができるというキャンペーンがよくおこなわれていました。ただ実は現在ではあまりおこなわれておらず、なかなかその文言をみることができなくなっているのをご存知でしょうか。

しかしこれはあくまでも個人契約の場合に限っての話で、法人契約の場合はまだまだキャッシュバックを利用することができるようになっています。例えば代理店の場合、保人向けインターネット回線の契約を取り付けた場合、プロバイダのほうから報奨金を受け取ることができるようになっているからです。

個人契約の場合もこのお金を代理店は受け取ることができるのですが、以前に比べるとかなり金額が下がってしまったので個人向けの契約でのキャッシュバックも減っています。ただ法人向けに関しては、まだまだ以前と同じくらいの報奨金を受け取ることができるようになっているため、法人契約に関しては今でもそのサービスの対象となっているのです。

ただどこの代理店でもおこなっているわけではなく、何よりどこのプロバイダの回線でも対象となっているかと言ったらそうではありません。それぞれの会社が独自のサービスを展開しているので、実際にキャッシュバックを利用したいのであれば、事前にどこであれば使えるかを調べておくと良いでしょう。

少し注意しておきたいいくつかのこと

キャッシュバック自体は非常に魅力的なサービスなのですが、まずひとつ注意しておきたいのはどこでもおこなわれているわけではないということです。キャンペーン内容はその業者によっても違っており、どこでも同じというわけではないので、事前に調べておく必要があります。

キャンペーン自体は1年中どこのタイミングでもおこなわれている場合もありますが、時期が限定されていることも少なくありません。時期によって金額が変動することもあるので、その点に関しては事前に調べて十分理解しておくことをおすすめします。

キャンペーン自体は条件を満たしていなければ利用することができませんが、その条件が適用されるために何か余計に契約すると損してしまうこともあるので気を付けましょう。もちろん代理店によって全く金額が違ってしまうので、同じプロバイダであればどこで契約しても同じ金額が受け取れるわけではありません。

また即日もらえるというわけではなく、翌月以降にもらえるとなっているところも多いので、その点も理解しておくようにしましょう。このキャンペーン自体はプロバイダのほうに直接契約すれば良い場合もありますが、代理店でなければ適用されない場合も多々あります。

さらに現金ではなくノートパソコンやテレビがもらえるということもありますが、この場合は本当に欲しいメーカーか、型番かというのもチェックしておくべきでしょう。したがって、法人向けインターネット回線の契約の際はキャッシュバックを受けることは可能ですが、事前にいろいろ調べてから契約するのが基本だといえます。

 

以前は個人向けのインターネット契約でもおこなわれていたキャッシュバックですが、現在は法人向けでおこなわれています。ただその際に受け取ることができる金額は代理店によって全く違っているので、その点に関しては十分注意しなければなりません。

またキャンペーン自体はいつでもおこなわれているとは限らず、タイミングによっては利用できない可能性も出てくるので注意します。現金だけでなくパソコンやテレビがもらえる場合もありますが、メーカー、型番を見て本当に必要がどうかチェックしておくことも重要といえます。

したがって、実際に法人向けインターネット回線でキャッシュバックを受けることは可能ですが、しっかり調べてから契約するようにしましょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧