法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の導入で業務の効率化が可能になる?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線を利用するということは、個人向けインターネット回線とどのような違いがあるか、導入することにより業務の効率化ができるのかといろいろと疑問に感じる方もいるでしょう。

疑問を解決するために法人向けインターネット回線と個人向けインターネット回線との違いや導入することで業務の効率化となるのかどうかという点をチェックしていきましょう。

個人向けインターネット回線との違いを知る

法人向けインターネット回線という言葉を聞いたことはあっても、個人向けインターネット回線との違いを知らないという方も多いでしょう。基本的に、個人向けインターネット回線は、個人宅などで利用している方も多いため、どのような回線かある程度は把握できている傾向があります。法人向けの場合には、固定IPアドレスを利用できるという点がメリットの一つです。

IPアドレスは、インターネット上の住所をイメージしてもらうとわかりやすいといえます。個人向けインターネット回線では、一時的にIPアドレスを割り当てるため、回線の接続を終了した場合には、そのIPアドレスを別の端末へ割り当てることになります。結果として、IPアドレスの使い回しの状態となるため、一度、電源を切るなど回線を接続し直すことになれば、IPアドレスが変更されます。

法人向けインターネット回線では、このようなIPアドレスの使い回しがなく固定IPアドレスを利用できるためビジネス上都合がいいといえます。また、法人向けインターネット回線ならば、領収書をもらうことができ税金の申告などをする場合でも領収書が必要になる場合もあるため発行してもらうためにも、法人名義で契約をする方がいいでしょう。

データのやり取りが多い場合などはメリットがある

法人向けインターネット回線の場合には、一つの光ファイバーを引き込む方式の専有型と呼ばれるもので、他のユーザーと回線を共有しません。そのため、個人向けインターネット回線のように、通信量が一時的に増加した場合に速度が低下するなどの状況を回避できます。結果として、快適な環境でインターネットを利用できるため、安定した通信を確保できることになります。

企業、職種によっては、大きなサイズのデータを取り扱う場合もあります。そのような場合でも、安定したネット環境であればスムーズな通信で業務の効率化につながるでしょう。

個人向けインターネット回線では、何らかの原因でアクセスが集中してしまうことがあり、これは、予測できない状況の場合もあるためそのような場合でも法人向けインターネット回線ならば、安定したネット通信が可能という点が大きなメリットといえるでしょう。

その点からも、業務の効率化を図りたい企業などの場合には、データのやり取りが多い、扱うデータ量が大きい、どのような時間帯であっても安定したデータ通信をしたほうがよいというなら法人向けインターネット回線の導入はメリットがあるといえます。

業者選びをするなら特徴をチェック

法人向けインターネット回線を選ぶ場合には、業者選びも重要です。どの業者でも同じというわけではなくそれぞれサービスの特徴や通信速度、月額費用の違いなどもあります。基本的に、料金だけに注目しがちですが、きちんとサービスの特徴を比較してみることも必要です。

専有型で安定した速度がでるのかどうか、また、業者によってはエリアカバー率なども違います。自分がその回線を使用するエリアが業者が提供するエリア内に入っているかどうかも業者選びをする際のポイントといえるでしょう。通信速度にしても上りと下りで最大どの程度の速度がでるのか、業者ごとにチェックしてみることも必要です。

そして、そのようにいろいろと比較した上で、月額費用なども含めて検討していきましょう。費用としては、月額費用以外にも初期費用の違いや通信速度によっても月額費用が違う場合もあります。そして工事費などが別途かかる場合などもあるため、業者を決めた場合にはきちんと工事費などが初期費用に含まれるかどうかなども確認を取ることも大切です。

法人向けインターネットを導入するなら、このように業者選びも重要なポイントといえます。そのためにも業者ごとに比較をすることが大切です。納得のいく業者を見つけるためにもいろいろと比較してから判断してみましょう。

 

法人向けインターネット回線を導入することで、業種や仕事上ネットを利用した作業、扱うデータ量が多い場合など業務の効率化ができる可能性は高いといえるでしょう。また、安定したネット通信ができるというのも、業務上ストレスを感じずに作業の効率化につながります。そのため、導入を検討してみることは、業種や仕事上ネットを扱う業務が多い企業にとってはメリットは大きいといえます。

導入を検討するなら、業者選びでそれぞれの業者の特徴を掴み比較して、最も適した業者を選ぶようにしましょう。業者ごとにサービスの強みなどもあるため、一番メリットが大きいと思える業者を選ぶことが大切です。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧