法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は会社の規模によって違う?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/06/05

法人向けインターネット回線サービスはさまざまなメニューがあります。こうしたメニューを選ぶときは、そのサービスを提供する会社の規模にも影響されますし、サービスを利用する会社の規模にも影響されます。

インターネット回線を利用する会社の規模が大きいと、それだけインターネットで使用する通信量が大きくなります。規模の大きい会社がインターネット回線を利用するときは、規模が大きくてバックボーンが大きい通信会社を選ぶと良いです。

法人向けインターネット回線を活用するときは、プロバイダの規模について考える必要もあります。複数経路を用意してくれるプロバイダと契約すると、プロバイダ側にトラブルがあったときも安心です。

使用帯域の広さとトラブルへの対応力

ビジネス目的で法人向けインターネット回線を利用する際は、使用帯域と安定性とサポート体制を重視する必要があります。利用できる通信帯域が広いと、一度に大量のデータを流すことができます。規模の大きいビジネスほど、広帯域で高速な通信を活用する必要性が高いです。

通信会社はベストエフォートの形で回線の速度の実績を公開していることが多いです。ベストエフォートの場合は努力義務があるだけで、通信品質の保証はないです。通信品質の保証が欲しいときは通信品質の保証をしてくれる通信会社を選ぶと良いです。

ビジネス目的でインターネットを使用するときはトラブルにすぐに対応する必要があります。 インターネット回線にトラブルが生じたときに復旧までに時間がかかると、その間にビジネスに損失が生じます。トラブルにすぐに対応してくれる通信会社を選ぶメリットは大きいです。

法人向けインターネット回線サービスには、魅力的なオプションサービスがあります。社内まで来て保守点検してくれるサービスなどは人気のオプションサービスです。こうしたオプションを利用すると別途費用がかかりますが、ビジネスの安定性を考える上でこうしたサービスの利用は不可欠となっています。

通信方式の選択をおこなうメリットを考える

法人向けインターネット回線を利用すると、通信方式の選択ができます。IPoE方式は新たなインターネット接続サービスとして高い注目を集めています。この通信方式によって接続設備の大容量化が図れます。こうすることで通信の混雑を緩和できて、通信品質の安定度がより高まります。IPoE方式でインターネット接続をおこなうと、混雑の原因となるインターネット通信のトラフィックを論理的に分離可能もすることもできます。

規模の大きいビジネスでインターネット回線を活用するときは、IPoE方式を選ぶと良いです。IPoE方式を選ぶと標準プランより3倍ぐらいの帯域設定も可能となります。

Windowsアップデートをするときにインターネット回線の利用が影響を受けることは多いです。IPoE方式でインターネットに接続すると、Windowsアップデートのときの通信をその他の業務用の通信から分離できます。IPoE方式を選ぶと、どのような状況のときでも安定的にインターネット回線を利用できます

法人向けインターネットサービスを利用すると、インターネット回線の利用のための必要なアップデートや保守も、通信業者におこなってもらうことができます。こういったサービスによって、常に最新のセキュリティー対策を実現できます。

固定IPアドレスと複数の回線経路とバックアップ

法人向けインターネット回線を活用すると、固定 IP アドレスを複数活用できます。固定IPアドレスがあると、特定のIPアドレスのみのアクセス許可できます。固定IPアドレスはインターネットの使用をより安全にします。

インターネット回線を活用する場合は、プロバイダ側の都合でネットワークの障害が発生する場合も想定する必要があります。規模の大きいプロバイダは、複数の通信回路を用意できます。プロバイダ側による通信経路の工夫で、通信経路を2重、3重化できます。

通信回路が複数あると、インターネットが切断されにくくなります。たとえケーブルが物理的に損傷した場合でも、別の経路を使用できます。法人向けインターネット回線を活用するときは、通信会社のバッグポーンの豊富さと、プロバイダが用意できる通信経路を意識する必要があります。

法人向けインターネット回線を利用すると、サーバーのデータをバックアップしてもらうことも可能となります。個人向けにはないこうしたサービスがある法人向けインターネット回線の需要は、これからも高まることが想定されます。

 

法人向けインターネット回線サービスは、法人向けならではのサービスがあります。回線を利用するビジネスによって、付随するオプションサービスは異なります。

オプションサービスとして、通信帯域や保守点検サービス、サーバーのバックアップなどがあります。こうしたオプションサービスを選ぶと費用はかかりますが、ビジネスの安定度は増します。

通信帯域が広いと、一度に大量のデータを流すことができますし、保守点検サービスが受けられると、何か回線にトラブルがあったときも安心です。サーバーにパックアップサービスは、データを失う可能性を大幅に下げることができます。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧