法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の導入は専門的な知識がなくても平気?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線を導入する前に知りたいこともあるでしょうが、専門用語が飛び交うのならば、理解できないかもしれない、そうした声も耳にします。勉強しなければ導入できないのか、無知でも平気なのかを調査してみましょう。

無知であっても平気なのは専門家がいるから

個人向け・法人向け問わず、情報漏えいであったり、不正アクセスされてしまうこと、ウイルス対策はどうなっているのかなど、不安要素をあげれば切りがありません。インターネットを利用したいから回線を引くにしても、導入するにも専門的な知識がなければ、疑問点があって問い合わせたとしても理解ができずに受け答えに四苦八苦することになるかもしれません。

法人向けインターネット回線の導入に関していえば、知識があるスタッフによるサポート体制が整っているため、安心して導入ができる話です。例えば、セキュリティー面などに関していえば、365日の監視・保守の提供がありますし、トラブルの報告がなされれば、迅速な復旧を24時間365日おこなってくれます。このように、障害の調査受付・現地対応を図るのならば、にわか知識で受け答えるだけ失礼かもしれません。

問い合わせにも豊富な知識を持つスタッフや、専門性のあるスタッフが電話で対応してくれます。技術者もいますから、もしも導入を検討していて専門工事が必要になったとしても、技術者が対応してくれるならば、不安は限りなく少ないでしょう。

法人向けインターネット回線の導入に関して、「品質」も気になるところでしょう。ベストエフォートとギャランティというタイプについてあまり知らない事業主もいるのではないでしょうか。最大速度1Gbpsが謳われているから導入するのは焦りすぎで、「実際」の通信速度が速いとはいい切れないようです。

ギャランティタイプは実際の速度保証がされていますが、コスト高となることも知っておかなければなりません。なぜコスト高になるのかといえば、提供会社は、速度低下を考慮しながら、通信量が増加してきたなら保証速度を維持できるように設備を増強し続けるそうです。ちなみに、最大帯域を保証するわけではなく、1Gbpsのうち500Mbpsを保証するといった一部になります。

こうした専門的な知識を専門家でもない事業主が知ることのほうが驚きでしょう。こうした場合でも、より高品質な通信環境が必要であることを教えてくれます。

知らないからこそしっかり説明してもらおう

回線とプロバイダの一体型サービスを利用するメリットを知っているでしょうか。メリットは、サービスが安定していることにあるようです。一括提供であれば、問題が発生しても問い合わせるところは一緒で、迅速な対処が可能です。また、利用の検討中での相談の際、通信状況を把握して設備増強をおこなうことを事前に教えてもくれるようです。

また、何かと注目されているのが「SLA」というサービスで、一体全体意味が分からずという事業主もいるでしょう。これはサービス品質保証制度ですから、検討しているならばしっかり説明を受けておきましょう。通信速度が基準よりも遅くなってしまった場合に、利用料金の一部を返金してくれます。

稼働率・平均遅延時間・利用不能時間などの項目基準も違いがありますから、信頼関係が築けるかどうかの判断材料にもなり得る情報でしょうから、情報提供がされないのなら、別を比較検討してみるのも悪くはないでしょう。

コンサルティングサービスを利用できる

法人向けインターネット回線の導入には、専門的な知識は不要です。もちろん、「インターネット回線について」「共用型と専用型」などの基礎知識は少なからずは知っておきましょう。しかしながら、サービスが充実していて、サポート体制が万全なこともウリで、中には、40,000社が活用をしているところまであります。

設定から運用、さらに管理まで手がけてくれるのならば、安心でしょう。何かしら質問をしたいのなら、無料相談に対応してくれるところもあれば、専任オペレーターがサポートをしてくれることもあります。利用する顧客の用途や目的に沿ったソリューションの提案を掲げているところもあり、こうした手厚いサービスやサポートがあれば、ビギナー目線で対応してくれることも想像できて平気でしょう。

実際に開通をしてからも任せることができます。中にはセミナーや勉強会などを実施してくれるケースもあるようで、知識を深めることも期待できるようです。インターネット構築全般を相談できる、そうしたコンサルティングサービスであるなら、「どうにかしたいが、何をどうすればいいか分からない」という事業主も安心でしょう。

 

法人向けインターネット回線と一口にいっても、導入するには形態もさまざまで、提供会社の内容だけでなく、人を見極める視点も大切になります。というのは、専門的な知識が飛び交う可能性も少なからずあるからで、事業主としては無知での導入に弱腰になりがちです。こうした場合でも、導入することができるようで、無知でも平気なワケは、知りたいことを分かりやすく、丁寧に教えてくれるスタッフなどのサポーターがいるからです。

サイト内検索
記事一覧