法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線で失敗してしまう原因とは?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/10/25


法人向けインターネット回線を契約するときに失敗してしまったと後悔するケースがしばしばあります。他の業者や契約プランにしておけば良かったと思うのが典型的ですが、どんな原因で選択を誤ってしまっているのでしょうか。法人向けインターネット回線を契約する前に確認しておくべきポイントを把握しておきましょう。

通信速度や保証タイプと通信構成を確認しておこう

法人向けインターネット回線を契約して失敗したというケースで多いのが通信速度に関わるトラブルが発生したというものです。法人契約をして業務が滞ることなくおこなえるようにするためには一定以上の通信速度を安定して供給してもらわなければなりません。現場によってどれだけの速度が要求されるかは異なりますが、クラウド上で自宅やサテライトオフィスにいる人も含めて作業をするような現場ではかなり通信量が多くなります。

画像や映像、音声などのやり取りが多い場合にも同様で、同時に何人も送受信していると回線が混雑してしまって速度が低下してしまうリスクがあるのは事実です。この点で帯域が広く設定されていて通信速度が速い業者やプランを選んで契約するのは重要でしょう。

ただ、速度が速いほどコストが高くなってしまうのも確かなので、どのくらいの速度が保証されていれば良いのかをよく考えたうえで契約すると失敗がありません。通信速度に関してはどのようにして保証されているかも考慮する必要があります。

法人向けインターネット回線でよくあるのがベストエフォート型の保証で、基本的には示されている数値を上限としていて、その値にできるだけ近い値を常に出せるように業者としては努力するというものです。1Gbpsの場合には1秒あたり1GBのデータ通信を実現できるように努力をするという形になっています。裏を返せば、努力しているだけでそれよりも大幅に低くても文句を言うことができません。

それに対して帯域保証型というタイプもあり、少なくともこの程度の通信速度は常に維持できるようにすると明確に示しているケースもあります。この場合には最大速度は低い場合が多いものの、混雑時にも一定以上の回線速度になるので大きなトラブルに遭うリスクが低くなるのが魅力です。

一方、通信構成も速度には大きな影響を及ぼします。個人向けのインターネット回線と同様に共有型になっていると周囲の人がどれだけ使うかによって速度が大きく変化してしまうでしょう。しかし、専有型のプランで契約していればその事業所内でどれだけ使用するかによって速度が左右されることになります。

社内で大きなデータの送受信があまりないというときには通信構成としては専有型のほうが安心できるでしょう。業者によって専有型か共有型かは異なるので、どちらが良いかをよく考えて選ぶのが大切です。

サポート体制を十分に調査しておこう

失敗したと感じる別のケースとして挙げられるのがサポート体制の不備です。法人向けインターネット回線を開通させたのは良かったものの、実際に運用しているとさまざまなトラブルが発生してしまうことは否めません。

接続でトラブルが発生するということもありますが、通信速度の低下などが起こった場合に社内のほうに問題があるのか、業者のほうでトラブルがあるのかも判断するのは難しいでしょう。通信障害が発生したときにすぐに連絡をもらえたり、気軽に問い合わせができる業者なら安心です。

また、セキュリティー対策などのアフターサービスも整っていると、サイバーアタックなどに遭ってしまったときに速やかに対応してもらえて助かります。

コストパフォーマンスを重視して決めよう

一般的には料金が安い業者ほどサービスのコストカットをしている傾向があります。回線速度があまり安定しなかったり、上限速度が遅かったりすることもあるでしょう。アフターサービスをあまりおこなっていないために安くなっていることも珍しくありません。

インターネット回線を導入して業務で使用するには、回線が一定以上の速度で安定していて、トラブルが発生したとしても速やかに解決できる状況を作り出すことが重要になります。業務が滞ると重大な損失になることを考慮し、できるだけコストパフォーマンスが高い業者やプランを選んで契約するのが肝心です。

どのような契約先が良いかは現場の状況や運用方法によって異なるため、個々に考えてどんなスペックのサービスで、どのようなサポートを受けられたら良いかをよく考えて契約するようにしましょう。

 

法人向けインターネット回線を契約して失敗したと後悔するパターンとして多いのは通信速度が低下して業務に支障を来してしまうというものです。保証タイプや通信構成の違いも考慮して、安定して通信できる環境を作るのが重要でしょう。

また、サポートやアフターサービスが不足していて困ってしまうこともあります。安かろう悪かろうにならないようによく内容を吟味して、コストパフォーマンスを上げられるように契約先の業者やプランを選びましょう。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧