法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

会社のインターネット回線が遅いなら法人向けの回線導入を検討しよう!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/10/07

会社のインターネット回線が遅くてストレスを感じているという方も少なくないのではないでしょうか。このように感じたら、法人向けのインターネット回線の導入を検討することをおすすめします。法人利用の場合、法人向けのインターネット回線を用意している業者を選ぶと、ストレスを改善できるでしょう。

会社のネット回線が遅い場合に考えられる原因

会社のインターネット回線があまりにも遅い場合、いくつかの原因が考えられます。まず利用しているデバイスが古い可能性です。こちらはパソコンやスマートフォン側に問題があるため、回線を変えたとしてもインターネット環境は改善しません。

あまりにも古いデバイスを利用していたり、最新の状態にアップデートをしていない場合は、一度デバイスやアップデート情報から見直すべきでしょう。次に接続環境が悪い可能性です。現在利用しているインターネット環境が無線という場合は、有線に変えるだけで通信速度が大きく改善する場合があります。

またインターネット回線に複数のデバイスを接続している場合、接続するデバイスの数を減らすことで通信環境が改善する可能性が高いでしょう。有線でも通信速度が変わらない場合は、利用しているケーブルの規格が古い可能性や、契約回線自体に問題がある可能性がありますので、一度見直しをしてみてください。

このように、原因に合わせていくつか対処方法を行うことで、通信環境が大幅に改善する可能性があります。

会社のネット回線が遅い時の対処法

会社のインターネット回線があまりにも遅いときには、原因に合わせた対処法を行うのがベストですが、どうして回線が遅いのか原因が分からない場合は、下記の方法を試してみてください。

まず、デバイスとルーターを再起動する方法です。再起動したら通信速度が回復したというケースは多いため、この段階で回復すれば非常にお手軽でしょう。

この方法でも回復しない場合は、接続しているデバイスの数を減らす、もしくは回線の接続を変えてみる方法がおすすめです。無線LANは大抵の場合、2.4GHzと5GHzの2種類の接続方法が用意されています。現在つないでいる回線と別の回線につなぎ直すだけで接続速度が大幅に変わるケースも少なくありません。

また、無線ルーター本体の設置場所を見直す方法もあります。無線LANを設置する際には、できるだけオフィスの中心に設置するとともに、床から1~2メートル程度の高さの場所に設置すると通信速度が回復しやすいでしょう。

無線でどうしても接続速度が変わらない場合は有線を取り入れるのも1つの手です。有線で回線速度が遅いケースはほとんどなく、有線に変えることで通信速度は大抵安定します。

もし有線にも関わらず通信速度が遅いという場合は、ケーブル本体をチェックしてみましょう。ケーブルはきちんと差し込み口に奥まで刺さっているかどうか、ケーブルは劣化していないかどうか、見た目で判断できることもたくさんあります。有線で遅い場合はケーブル本体を新しい物に交換するだけで通信速度が改善することも多いでしょう。

それでも改善しないなら、法人向けの回線の導入を検討しよう!

通信速度を改善する方法をいくつか行ったにも関わらず改善しない場合、現在利用しているインターネット環境はそもそも法人利用向けではない可能性があります。もっとインターネット環境を快適にしたいということであれば、インターネット回線を法人向けのものに変更してみましょう。

法人向けインターネット回線の場合、通信速度が安定していることはもちろん、セキュリティ面も非常に優れている回線ばかりなので、安心して利用できます。コストを抑えられるプランを用意している業者もありますので、現在利用しているインターネット回線とそこまでコストが変わらず、快適な通信環境をゲットできるでしょう。

普段からインターネットを利用している企業の場合はとくに、早めに回線を交換するのがおすすめです。

法人向けインターネット回線には大きく分けて、共有型と専有型の2種類がありますが、できれば専有型を選んだ方が1人1人のストレスが少なくなるでしょう。企業の人数が少ない場合は共有型でも問題ありませんが、人数が多い場合は専有型の方が安心です。

またVPNと呼ばれるネット回線も近年注目を集めていますので、そちらを選択肢に入れるのもいいでしょう。それぞれにメリットデメリットがありますので、ニーズに合わせた回線を導入することが大切です。

 

インターネット回線の通信速度はちょっとした対策をすることで回復する場合もありますが、何をやっても、どうしても解決しない場合は、早い段階で法人向けインターネット回線を導入するのがおすすめです。

法人向けインターネット回線を導入するだけで、コストをそこまでかけずにサクサクとストレスフリーなインターネット環境をゲットできますので、仕事の効率もアップし、より一層快適なビジネスライフを送れるようになるでしょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧