法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線に違約金は存在する?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/14

法人向けインターネット回線を契約する際に違約金が心配な人は少なくないのではないでしょうか。一般向けのインターネット回線には契約条件があり、違反すると支払う義務が発生します。法人向けインターネット回線についても違約金が発生するのか、発生するならどのくらいの金額なのか、どん条件で発生するのかについてお話しします。

法人向けインターネット回線では違約金が発生するのでしょうか

キャッシュバックキャンペーンを利用して法人向けインターネット回線を契約した場合、違約金が発生することがあります。キャッシュバックキャンペーンでは、一定期間の利用が条件になる場合が多くあります。たとえば1年契約の条件で、半年で解約してしまうと発生します。契約違反によりキャッシュバックもなくなってしまうおそれもあります。

法人向けインターネット回線の契約では、定額利用サービスが採用されていることが多いです。年契約と間違えて1年で解約してしまうと、契約違反です。法人向けインターネット回線を契約する前に、規約、定額利用サービスか否かをよく確認することで、よけいなお金を節約できます。

インターネット回線事業者と関連した事業者の回線に乗り換えた場合、どうなるかご存知ですか。関連企業への乗り換えは、意外に違約金がかからないケースもあります。事業者との契約内容にもよりますが、例外もあります。インターネット回線の開通にかかる費用を分割払いにした場合、完済せずに解約すると違約金が生じます。

スマートフォンの端末代金を支払いきれずに解約したときと同じようなケースです。最初からインターネット回線の開通費用を前払いにしておくと、途中で解約したいときに無駄にお金を支払う必要はなくなりお得です。このように、法人向け回線サービスでは違約金は発生します。契約条件をよく読んで申し込みしましょう。

法人向けインターネット回線の違約金はどのくらい

法人向けインターネット回線の違約金は、2年契約で10,000円ほどです。契約から2年後の更新月に解約可能となるケースが多く、この時期の解除なら支払いをうまく回避できます。法人向け回線の料金は、どこかで見覚えがある料金システムです。以前によくあったスマートフォンの利用料金と似ています。

多少複雑な料金システムでしたが、内容を覚えておられる方も多いはずです。更新月は契約日、または1ヶ月後から2年目の場合が多いです。法人契約したことがない方からすると、わかりづらい内容ですが、このあたりの情報は、契約時に必ず担当者に確認しておきましょう。

法人向けインターネット回線サービスのプランの中には、1年以降はいつ解約しても発生しないプランもあります。この契約内容なら解約時期は限定されません。1年回線を利用するのみで、契約条件をクリアできますので、気分的にもラクです。どうしても違約金を支払いたくない、すぐにほかの法人向けインターネット回線に変更する予定なら、1年契約もありと考えてもよいでしょう。

どの法人向け回線のプランでも、手数料、開通工事、初期設定などの初期費用が月額料金に含まれている場合、解除しても支払い義務が生じます。違約金と月賦だった料金をまとめて支払うことになるため、期費用はできるなら最初に一括で支払っておくと後の心配が少なくなり安心です。

法人向けインターネット回線の違約金を支払わない方法とは

まず、更新月を間違わないことです。スマートフォンも同様ですが、インターネット回線の契約時の内容を覚えている人はあまりいらっしゃいません。更新月を忘れてしまい、ある日過ぎていた、なんてことにならないよう必ず内容は覚えておきましょう。ビジネスコストはできるだけ払わないのがベターです。更新月を事前にお知らせしてくれるサービスがあると便利です。

しかし、法人向けインターネット回線事業者の中にはこのようなサービスを提供する企業はあまり見かけません。自分で確認するほかないようです。もし、更新月を忘れたまま過ぎてしまった場合には、別の法人向け回線のキャッシュバックキャンペーンを利用して違約金を帳消しにする方法もあります。

顧客を獲得したいインターネット回線事業者のサービスをつかう方法です。赤字大サービスのキャッシュバックキャンペーン時に契約します。キャッシュバックキャンペーンと違約金を差し引きして、プラスもしくは同等なら、かかるお金は回線を乗り換える費用のみです。めったにない大きなキャッシュバックキャンペーンがタイミングよく見つかったときだけできる裏ワザです。

インターネット回線の乗り換えは、頻繁にすると、次回の契約時に響く恐れもあります。ほどほどにしておくことも頭にいれておいてください。おしごと用のインターネット回線が、契約できなくなってしまうと業務に支障をきたします。裏ワザがある、という程度の認識で、タイミングがぴったりだったら試してみるくらいがよいでしょう。

 

法人向けインターネット回線では違約金が発生します。発生する金額はおよそ10,000円です。1年契約、以降いつ解除してもOKなどのプランもありますので、事前に確認をしておきましょう。キャッシュバックキャンペーンを利用するとコストを抑えることができます。更新月とタイミングがあえば、乗り換えでさらにコストを抑えてお得に法人回線を契約できます。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧