法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

安い法人向けインターネット回線は速度に問題ない?

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/03/10

昨今は働き方改革やコロナ時代なこともあり、ますますインターネット回線の重要性が増しています。やはり法人ならば通常のインターネット回線に頼るのではなく、法人向けインターネット回線を利用して営業力などに磨きをかけるとよいでしょう。中には安い法人向け業者もありますが、インターネット回線に問題はないのでしょうか。

安い法人向けインターネット回線

安い法人向けインターネット回線を利用していく際に最初に気になるのが速度低下についてです。どれだけ安いところでもやはり速度低下するようでは、法人向けインターネット回線を使う意味がありません。

とはいえ、いくら安い法人向けインターネット回線といってもそこまで速度低下することはありえないというのが実際です。法人向けインターネット回線ですから、いくら安くてもそれなりの高速で利用できますし、あまりにも安くてもADSL並みに遅いなどということはありません。体感速度は変わってきますが、安いところでも1GB程度はかんたんに出ることも珍しくありません。

とはいえ、安いところは回線契約数が多いにも関わらず帯域確保をしっかりとしていなくて、時間帯によっては不安定になるといったことはあります。こうした使い勝手が悪いところはありますが、基本的には安いからといってそこまで心配する必要はないでしょう。むしろ格安で利用できる法人向けインターネット回線と考えて、積極的に利用して大丈夫です。トライアル期間を利用して使い心地を試してもよいでしょう。

しかし、安い法人向けインターネット回線は実は高速性以外のところで意外と問題点があることが多くなっています。早さばかりに目を囚われると思わぬ形で後悔することもありますから、契約したい際にはしっかりと検討しておいてください。

どういった点に気をつけるべきか

法人向けインターネット回線で安いところはかなりカスタマーサービス等が貧弱なところが多くなっています。これが安い法人向けインターネット回線の弱点といってもよいでしょう。また、地域限定だったりして使いにくいといったこともあります。他にもサービスが豊富ではなく、基本的なネット接続サービスしかやっていない法人向けインターネット回線もあります。安いには安いなりのデメリットがあることは理解しておいてください。

むしろ通常の法人向けインターネット回線であってもキャンペーン等を利用して工夫して使っていけば、安い業者と同じくらい安く使っていくこともできます。そのため、安く済ませたいからといって安易に法人向けインターネット回線を選ぶのはおすすめできないこともあります。

また、価格は結構交渉次第で変わりやすいのが法人向けインターネット回線です。予算を正直に打ち明ければ結構値段交渉にも応じてくれます。とくに大手会社ともなれば値段交渉もしやすい傾向があります。困った際には相談してみることも大事になってきます。いずれにしても無料相談できますから、むしろサービス内容や使いやすさを重視して選ぶことも大事です。

インターネット回線が不安定だとどうしてもビジネスや仕事にも影響が出てきてしまいます。トライアル期間等を利用して安心して使っていける業者を選びましょう

法人向けインターネット回線を契約しよう

どのくらい安くなってくるか知るためにも、法人向けインターネット回線の業者に問い合わせてみましょう。最近はトライアル期間だけでなくキャンペーン等をしている法人向けインターネット回線も多くなっていますから、よりお得に利用可能です。いくつか使ってみて気に入ったところを選んでおくとよいでしょう。

契約する際には従量制限等がないかも確認してからにしておいてください。実は使い放題の法人向けインターネット回線でもあまりにも使いすぎると従量制になる、といった落とし穴がある場合も多いです。

他にも、契約当初は回線速度がかなり出ているのに、次第に速度低下するといったこともあるでしょう。法人向けインターネット回線の中にはあまり良心的でないところもあるので、いろいろと比較したりインターネットレビューを見たりすることが肝要になってきます。

法人向けのインターネット回線は会社の規模によって選ぶことも大事です。大企業向けのところもあれば、中小企業向けの業者もあります。適切なところを選ぶことによってより料金を安く抑えることができますから、じっくりと検討しておいてください。

導入補助サービス等がある、といったような業者もありますので、初心者であったりする場合にはこうした業者を活用することもおすすめします。いずれにしてもインターネットはかなり大事なものですから、妥協せずに選ぶべきです。

 

法人向けのインターネット回線を契約しようとする際には、安い業者も選択肢の中に入れることをおすすめします。安いからといって極端に速度低下することもありません。また、業者と契約しようとする際にはいろいろと契約内容なども確認するとともに、トライアル期間も確認しましょう。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧