法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の速度の“上り”“下り”とは

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/03/10

法人向けインターネット回線の速度は、上りと下りにわかれています。上りと下りの速度は、極端に離れる事は少なく、基本的に似た数値になりやすいです。快適に法人向けインターネット回線を使うためには、双方とも数値がよいプランを契約する事が大切です。まずは契約する前に、上りと下りの意味をしっかりと理解しておきましょう。

法人向けインターネット回線の上りとは

法人向けインターネット回線の上りの数値とは、ハードウェアからネット上に情報をアップロードする際の速度です。メールをクライアントに送信する際の速度も、法人向けインターネット回線の上りの数値によって変わります。

数値がよいほど、快適にメールが送付可能で、いわゆる重たいデータをメール添付しても快適に作業を済ませられます。SNSやブログに書き込みをする際も、法人向けインターネット回線の上りの数値が重要です。自社の広報用SNSにメッセージを投稿する場合、上りの速度が良質であればスピーディに作業できます。

オフィシャルブログを更新する際も上りの速度が大切であり、とくに画像や動画といった重たいコンテンツを投稿する際、高速であればより一層快適です。動画投稿サイトにプロモーションビデオや商品説明の映像をアップロードする際も、法人向けインターネット回線の上りスピードがよい方がベストです。

高解像度のコンテンツや長時間の映像は、データサイズが大きくなります。アップロード中の速度が良好であれば大容量のデータも短時間で、正確に投稿可能です。翻ってアップロード中の速度が平均未満だと、動画投稿に時間が掛かります。クラウドストレージにパソコンやタブレット端末のデータを預ける際も、上りの速度が肝心です。画像や音楽、プレゼン資料といった情報は容量が大きくアップロード中の速度が平均以上だと、スムーズにバックアップやデータ共有が行えます

法人向けインターネット回線の下りとは

法人向けインターネット回線の下りの速度は、データをネット上から取り寄せる作業に関連します。メーラーを開いて、メールマガジンやクライアントからの返信メールを受信する作業をする際、この下りのスピードが良質だと快適です。

大量にメールボックスに返信メールが溜まっていても、ダウンロード速度が高速なら短時間で取り寄せられます。メールマガジンや返信メールには、重たいデータが添付されている事がしばしばあるかもしれません。受信する速度が平均未満だと、すべてを取り寄せるまでに待ち時間が長くなりやすいのが難点です。

クラウドストレージやウェブサイトから、データをダウンロードする際も法人向けインターネット回線の下りのスピードが大事です。速度が平均以上なら、重たいデータや大量のファイルもスムーズに受信可能です。

長時間の動画や高画質な写真などは、数点のファイルでもデータサイズが膨らみます。一見するとデータをダウンロードしていないように見えるネットサーフィンや動画再生といった作業も、実は法人向けインターネット回線の下りのスピードが大事です。ウェブサイトを閲覧したり、動画サイトで映像コンテンツを視聴するだけでも、厳密にいえば手元のハードウェアに情報をリアルタイムでダウンロードしています。

下りのスピードは、ネット経由で情報を閲覧、視聴する作業全般にかかわるので、重要度は高いです。

安心して使える回線速度の目安とは

法人向けインターネット回線を利用するハードウェアのスペックも大事ですが、快適性を大きく左右するのはデータ送信とデータ受信の速度となります。ハイスペックパソコンと最新鋭のワイヤレスルーターを利用しても、肝心の法人向けインターネット回線自体の上下の速度が推奨値未満では快適に使えない可能性大です。

同じデータの送受信でも、具体的な作業内容によって推奨される速度の数値は変わります。テキストメールをクライアントに送信する際、上りのスピードは1Mbpsから3Mbpで充分です。文章が中心の情報は比較的データサイズが小さいためです。自社のブログやSNSにメッセージや画像を投稿する際は、3Mbpsから5Mbps前後の数値が求められます。クラウドストレージに高画質な動画、重たいファイルを複数投稿する際には、10Mbps以上が推奨です。

ネット検索を行ったり、SNSアプリを活用する作業内容なら、下りのスピードは1Mbpsから3Mbpsが必要です。動画投稿サイトを視聴する際やリモート会議を行う際は、3Mbpsから5Mbps程度が求められます。映像や音声は、ひときわ情報量が多いのが特徴です。受信するスピードが良好であれば延滞なく、画面の乱れや音声ノイズなく、視聴可能です。リアルタイムで高解像度な映像を受信する際は、5Mbpsから10Mbpsの下りのスピードが推奨されます。

 

ひとまとめに法人向けインターネット回線のスピードといわれる事も多いですが、厳密に見ると情報の送信と受信スピードはそれぞれ別々です。同じオフィス、同じパソコンでも行う作業内容によって、推奨される情報の送受信スピードは変わります。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧