法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

ビジネスを行う上での重要項目!インターネット回線の速度判定方法とは?

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/10/07

ビジネスを行う上で、インターネット環境を整えることは必要不可欠な時代となっています。インターネット回線の速度は仕事の効率に直結するといっても過言ではないからこそ、一度インターネット回線の速度判定をしてみてはいかがでしょうか。この記事では、インターネット回線の速度判定をする方法について解説します。

インターネット回線の速度判定方法

インターネット回線の速度判定をするには、スピードテストと呼ばれる方法を行います。このスピードテストは無料でいつでもできる方法ですので、今すぐ試すことが可能です。

スピードテストツールは数多くあり、 “インターネット スピードテスト”と検索するといくつかのサイトがヒットします。サイト上ですぐにスピードテストを行うことができるので、自分が気に入ったサイトで実行してみてください。ダウンロードなども一切必要なく、現在のインターネット環境を可視化できます。

この速度判定を行うことで、データをダウンロードするときの速度、自身がインターネットにデータをアップロードするときの速度の2つが分かります。

文章や画像などを含めたデータ速度を判定できるほか、電気信号の乱れやレスポンスタイムまで細かく測定できるため、自身のインターネット環境がどのような状況かを細かくチェックできるでしょう。

ビジネスをする上で必要な回線速度とは?

ここからは、ビジネスをする上で必要な回線速度を確認してみましょう。必要な回線速度は、普段インターネット環境をどのように活用しているかによっても異なります。

テキストでのやりとりやWEB閲覧のみの場合は10Mbps程度あれば充分ですが、WEB会議を利用する場合やファイルのアップロードを行う場合は、最低でも50~100Mbps程度は必要です。

数値が大きければ大きいほど快適なネット環境となりますので、もしも必要な回線速度になっていない場合は、回線速度を上げられるようにいくつか対策をしましょう。

対策としてあげられるのは、無線LANとONUの電源をオフにして再起動する方法です。一度電源をオフにしてから10秒以上間をあけて再び電源を入れ直すだけで、回線速度が回復することがあります。電源ボタンが分からない場合はコンセントから抜いても構いません。この場合もコンセントを抜いたら最低10秒は間を空けましょう。

これでも解決しない場合は無線LANに接続しているデバイスの数を減らしたり、接続先を変更したりすると回線速度が回復する場合があります。通常Wi-Fiルーターには、2.4GHzと5GHzという2種類の電波が飛んでいますので、接続していないもう片方の電波に切り替えるだけで回線速度が回復することも少なくありません。

これでも回復しない場合は有線に切り替えたり、そもそもデバイスに問題が無いかを確認しましょう。とくにデバイス側に問題がある場合、デフラグの最適化という処理を行うと処理速度が速くなることもあります。

ブラウザによって速度が違う場合は、ブラウザを変更してみるのも1つの手です。このように通信速度を回復する方法はいくつかありますが、これでもダメな場合はインターネット回線そのものを変えることを検討しましょう。

法人向けインターネット回線を選ぶ際に確認するべき点

法人向けインターネット回線の場合、最低でも100Mbpsの通信速度は確保したいところです。光回線であればこの点はクリアされていますので、極力光回線を選ぶべきでしょう。

またほかにも、VPNが使えるかどうか、固定IPが使えるかどうかがポイントです。こちら2点はセキュリティにおいても重要な役割を果たしますので、法人向けインターネット回線の場合はどちらも使えた方がよいでしょう。

またいざというときのサポートが充実しているかどうかも回線を選ぶポイントです。原因不明のサーバーダウンをしてしまったときなど、自身ではどうしようもない事態に陥った場合、すぐさまサポートをしてくれる回線業者であればビジネス利用も安心です。相談窓口が24時間体制なのか、受付の方法は電話かメールなのかによっても対応速度は全く異なりますので、サポート方法も事前に確認しておきましょう。

そしてビジネス利用の場合、法人名義の請求書が発行できるかどうかも重要となります。法人契約の場合は通常、法人名義での請求書を発行してもらえることが多いですが、社長名義など個人名義で契約をする場合、法人名義の請求書を発行する際には別途必要書類が出てくる場合がありますので、契約前に請求書や領収書関係がどこ名義になるかを確認してみてください。

 

インターネット回線をビジネス利用する際には、価格帯以外にも通信速度やセキュリティなどさまざまな部分を考える必要があります。とくに通信速度が遅いと仕事において致命傷となることもありますので、ビジネス利用の場合、最低50~100Mbps程度は確保できるようにしましょう。

現在の回線速度はインターネット上で手軽に判定できますので、通信速度が不安な方はまずは通信速度診断を行ってみてはいかがでしょうか。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧