法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の費用ってどれくらいかかる?

公開日:2019/04/09  

法人向けインターネット回線の費用は、通信速度やセキュリティー、契約期間などによりますが、シンプルなプランであれば月々五千円未満で利用することも可能です。

また、専門のスタッフによる充実したサポートを受けたい場合には、月々1万円以上の出費が必要となることもあるため、ニーズに合うプランを扱っているプロバイダを探すことが重要です。

 

月々数千円程度で利用できるプロバイダが多い

法人向けインターネット回線は、IT化を推進している企業を中心に普及し始めており、顧客や取引先とのコミュニケーションをスムーズに行うために欠かせないツールとして捉えられることもあります。

大手のプロバイダの中には、月々数千円程度で法人向けインターネット回線を利用できるプランを扱っているところも多くあり、余計なコストを最小限に抑えることが可能です。

また、サービスの内容がシンプルなプランを選択することで、さらにコストカットを図ることができるケースもあるため、早めに気になるプロバイダに見積もりを出してもらうと良いでしょう。

最近では、法人向けのホームページなどにリーズナブルなプランの内容について詳しく紹介をしているプロバイダも少なくないため、時間を掛けて希望条件に合うプランを探してみましょう。

なお、必要に応じて基本プランに加えてオプションプランの申込ができるプロバイダもあり、メールやSNSなどを利用して大量のデータの送受信をする場合には、それぞれのプロバイダが扱っているサービスの種類をよく把握しておきましょう。

 

セキュリティーにこだわると出費が大きくなりやすい

様々な目的のために法人向けインターネット回線の利用を開始する企業の数は年々増えていますが、特にセキュリティーにこだわる場合には、月々の契約料金が高くなることがあります。

そのため、プロバイダを通じて予算の範囲内で万全なセキュリティー対策を行いたい場合には、低価格帯のオプションプランがたくさん用意されているところや、基本料金がリーズナブルに設定されているところを探すことがおすすめです。

また、選択できるセキュリティー対策の種類については、プロバイダごとに違いがありますが、ウィルスやスパイウェアなどのリスクに対応をするうえで、じっくりと将来的に掛かる費用を調べることが重要です。

例えば、法人向けインターネット回線の契約を結ぶにあたり、プロバイダが独自に開発したセキュリティソフトも同時に利用したい場合には、評判の良いプロバイダの料金相場を早いうちから比較することが肝心です。

なお、最新のセキュリティー対策を行うには、トータルコストが1万円以上になることも少なくありません。

そこで、契約をしてから後悔をしないために、信頼のできるプロバイダの担当者からサービスのメリットについて教えてもらうと良いでしょう。

 

初回限定のお試し期間に申し込めば低価格で利用も可能

法人向けインターネット回線の導入コストは、プロバイダの方針によって大きな違いがありますが、初回限定のお試し期間に申込をすることで、通常よりも月額料金を安くしてくれるところも珍しくありません。

そこで、少しでも出費を安く抑えたい場合には、コストパフォーマンスに定評のあるプロバイダの契約者数の多いプランの特徴をチェックしてみましょう。

また、お試し期間に利用できるサービスの種類は、通常と異なるケースもあるため、契約前に無料相談をすることがおすすめです。

最近では、お試し期間の後に長期契約を結ぶことによって、月々の料金の支払い額が安くなるシステムを導入しているプロバイダの数も増えています。

そのため、料金の安さを重視してインターネット回線を選択するにあたっては、余裕を持ってビジネスシーンに役立つ様々な回線を扱っているプロバイダの資料に目を通しておきましょう。

その他、法人向けインターネット回線を利用した経験がない場合には、後々のトラブルを避けるために、法人専用のカスタマーサービスを欠かさずに利用してみましょう。

 

法人向けインターネット回線の導入に必要な費用は、各プロバイダのプランの種類や契約方法などによりますが、最近では数千円程度で満足度の高いサポートを利用できるところも増えています。

例えば、最低限のサービスを利用できるシンプルなプランについては、ひと月あたり五千円未満で契約できるケースもあるため、早いうちから低価格帯のプランに定評があるプロバイダを探してみましょう。

また、ウィルスやスパイウェアなどのトラブルに対応をするには、完璧なセキュリティー対策を行う必要があります。

また、セキュリティー対策の内容によっては、月々1万円を超える出費が必要となったり、手続きが複雑になったりすることがあるため、相談対応がきちんとしているプロバイダにお世話になることが大切です。

その他、初回限定のキャンペーン期間にリーズナブルな価格でインターネット回線を利用できるプロバイダも少なくないため、試しに気になるプロバイダの利用を検討することも大事です。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧