法人向けのインターネット光回線をおすすめ比較5選でご紹介!プロバイダ契約も一体型の業者を厳選!

法人向けインターネット回線と個人向けの違いとは?

公開日:2019/03/15  

インターネットは個人だけではなく法人としても利用するものです。

そのためインターネット回線にも法人向けインターネット回線というサービスの分類が存在しています。

これは個人向けのものとは違い、法人向けに提供されている仕組みが存在しています。

この違いをよく理解してサービスを選択する必要があります。

ビジネスでインターネットを利用するなら仕組みを理解しておきましょう。

 

法人向けインターネット回線の特徴はIPアドレスにあり

インターネット回線というものはパソコンなどのデバイスからインターネットに接続するために必要になるものです。

最近では多くの一般家庭にも当たり前の設備になってきました。

この流れは当然のように法人にも及んでおり、法人向けインターネット回線のサービスというものが登場しています。

この法人向けインターネット回線は、企業などがビジネス向けに必要となる機能が詰め込まれているという印象がありますが、特徴についてお話をします。

法人向けとして最も明確に分かれているのはインターネットに接続するにあたりインターネット上における自らの住所をどのように扱うのかという点です。

ネットワークに詳しい人であれば聞いたことがあるかもしれませんが、ネットワーク上における住所に当たるIPアドレスについて、法人向けインターネット回線では固定のIPアドレスが割り振られる仕組みになっています。

個人向けのインターネット回線とはこの部分が大きく違っており、企業等がビジネスとしてインターネットを活用するうえで障害にならないように配慮されているのです。

 

個人向けのインターネット回線との違いを理解しよう

個人向けインターネット回線というものは、普段自宅などで利用しているインターネット回線などのことを指示します。

法人向けインターネット回線との大きな違いはIPアドレスが固定で割り振られるかどうかであり、個人向けインターネット回線の場合には通常自動で割り振られる仕組みが採用されています。

これは個人的な利用を行うにあたってはIPが自動で割り振られることによって何かしらの問題が発生することがほぼないからであると言えるでしょう。

インターネット上のサービスを利用する側に回ることが多い個人ユーザーの場合には数に限りのあるIPアドレスを必要な時に必要な人が自動的に割り振られるIPアドレスを利用するという仕組みで成り立っています。

しかしながら法人向けインターネット回線ではインターネット上でサービスを利用するだけではなく、様々な便利な仕組みを構築して提供する側に回ることもあるでしょう。

そのような場合にネットワーク上の住所に当たるIPアドレスが接続のたびに変更になるのではシステム構築に支障をきたすこともあり得ます。

そのため、法人向けインターネット回線では固定IPを割り振るというのが一つの特徴になっているのです。

このIPには数に限りがあり、無限に作り出すことが出来るものではないというのがこのような仕組みを生み出している一つの理由になっています。

 

法人向けインターネット回線の選び方の注意点

一般家庭向けのインターネット回線を選ぶ場合には多くの人に経験があるように比較のポイントがいくつかあります。

通信速度や月額費用などが主なポイントになるでしょう。

絶対的にお得なプランがあるというものではなく、数多くの選択肢の中から最も自分の求めているバランスに合っているサービスを見つけ出すという作業になるのが一般的です。

要するに早くて安いサービスを選んでいくという方向性になるのです。

しかしながら法人向けインターネット回線は同じような視点で考えても良いですが、最終的にお得になり、困らないサービスを選択するようにしなければなりません。

この中でも困らないようにするという点が非常に重要です。

一般家庭向けのインターネット回線契約ではまず問題になることはありませんが、法人向けでは時にメールアドレスを同時に管理する場合の設定可能数で障害になることがある場合もありますし、その他の想定外の問題に直面する場合もあるでしょう。

多くのサービスが将来にわたって困ることの無いような懐の深いサービスを展開している傾向にはありますが、必要な機能が備わっているかの確認についてはあらかじめしっかりと考えておく必要があります。

契約を結んでから、実はできないことが分かったということがあったとしても、すぐに修正することが出来ない場合もありますので注意しておかなければなりません。

 

法人向けインターネット回線は一般家庭向けの個人で利用するインターネット回線とは、割り振られることになるIPアドレスの形以外では共通する部分が少なくありません。

会社で必要な機能をよく考えてサービスを決定するようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧